そば屋に学ぶ!そばとうどんはどっちがカロリーが高いと思いますか?


 

そばについての雑学や歴史、ウンチクなどをおそば屋さんに聞いてみた「そば屋に学ぶ!」シリーズ。

今回は、そばとうどんはどっちがカロリーが高いのか聞いてみました。

手軽に安く食べられる庶民の味方であるそばとうどん。カロリーをはじめとした栄養素を知っておけば、もっと味方になってくれるはず!

 

そばもうどんもカロリーはほぼ変わらず

 

結論として、そばもうどんも、カロリーはほぼ同じです。

100gあたりのカロリー、そして糖質は、

 

そばは274kcal、糖質56.4g

うどんは270kcal、糖質55.0g

 

となっています。(参照:日本食品標準成分表2015年版)
何となくそばの方がローカロリーというイメージを持っていたので、この数値は予想外でした。

 

じゃあどっちを食べても同じなの?


と思ったあなた!ちょっと待ってください。

カロリーや糖質といった面で見るとあまり差がないそばとうどんですが、それぞれの特徴を理解することで、異なるメリットをもたらしてくれますよ。

 

うどんは試験やスポーツ、体調不良の味方!

 

うどんは小麦粉でできているため、水分を吸収しやすく消化がスピーディという特徴を持っています。消化吸収を行う胃腸に負担がかからないので、体調が悪い時の食事に最適です。確かに、柔らかく煮たうどんは具合が悪くても食べやすく、体を温めてくれますね。

また、うどんは食べてからエネルギーになるまでが早く、かつエネルギーが持続します。試験やスポーツの前にうどんを食べれば、短時間で体や頭を動かすための力になってくれるでしょう。学生やアスリートにはおすすめのメニューです。

 

そばはダイエットや美容、健康の味方!

 

そばは、食物繊維が豊富でGI値が低いという特徴を持っています。食物繊維の持つ整腸作用は便秘解消に役立ち、消化に時間がかかるためお腹が空くまで時間がかかります。GI値が低いので、糖が脂肪になりにくいという点も魅力的です。

また、注目したいのはポリフェノールの一種であるルチンです。ルチンは、抗酸化作用や動脈硬化予防、認知症予防や高血圧抑制といった効果が期待できる現代人垂涎の栄養素なのです。

加えて、疲労回復や美容に必須のビタミンB1、ビタミンB2、必須アミノ酸であるリジンも大きい存在です。

ダイエットや美容、健康を意識するならば、そばは非常に有効です

 

健康を意識した時に、どうしても無視できないのがカロリーです。

でも、カロリーだけに気を取られていては非常にもったいないと言わざるを得ません。

そばやうどんが持つ栄養素や特徴に目を向けた時、食生活がもっと豊かなものになること請け合いです!

 

【もっと健康にいいそばの話】

蕎麦湯には便秘解消の効果がある?!

そばダイエットしたいなら食べ方に注意!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA