【ド素人釣り教科書】大事な大事な、釣り糸(ライン)で調べたこと、共有したいこと


「家族全員釣りするが私は全くしなければ興味もなかった、釣りド素人が、釣りのお仕事で必死に覚えていくためのシリーズもの・・・釣りのことをとことん調べていく企画」

 

「ド素人釣り教科書」釣り糸編

 

釣りにとって欠かせないアイテムのひとつである釣り糸=ライン。

ひとえに釣り糸といっても、素材や用途によって様々な種類が存在している。

 

釣りを楽しむ目的は人それぞれにあると思うが、誰もが「魚が釣れること」を前提に楽しんでいるのだ。

経験値や腕前ではなく、道具によってその成果が変わるのであれば、適切なものを選ぶに越したことはない。

そこで今回は、釣り道具の中でも悩む人が多いといわれている「ライン」について、釣り道具の歴史にも触れながら、基礎情報をお伝えしたいと思い調べました。

 

用途にあった道具を選ぶことで、いち早く「魚が釣れる」釣りライフに近づこう!・・・と、夢をみています(#^.^#)

 

昔の人はこんな糸で釣っていた!?

現在使われているラインを知る前に、ラインの歴史について見てみよう。

今や化学繊維によって、使用目的ごとに様々な種類が開発されているが、私たちの先祖は下記のような素材を駆使して、釣りを行っていたようだ。

  • ヨーロッパ: 麻糸、馬の尻尾から作った釣り糸
  • アジア:    大麻糸、綿糸、絹糸

過去には、動物の毛や植物の繊維で作られていたライン。

では、今は一体どんな種類があるのか、見てみよう。

 

素材別にラインの特徴や用途をご紹介!

素材は大きくわけて、下記の三種類がある。

その特徴から、用途についてもまとめたのでみてほしい。

 

1.ナイロン

【特徴】

  • 柔らかくしなやかで、初心者でも扱いやすいのが特徴
  • 遠投に向いており、魚のバラしが少ない
  • 価格が安いのも魅力

 

【用途】浮き釣りによく使用される

 

2.フロロカーボン

【特徴】

  • ナイロンよりも強度、摩耗性が高い為傷が付きにくいのが特徴
  • 水中でも目立ちにくい為、魚に気づかれにくい

 

【用途】障害物の多い岩場の磯釣りに重宝される

 

3. ポリエチレン

【特徴】

  • ナイロンの三倍近い強度と伸びにくさが特徴
  • 他のラインとは比べ物にならないくらい高感度で、魚のあたりが直接手元に伝わりやすい

 

【用途】船釣りやルアーフィッシングに向き

 

元々釣り好きではない私が調べるとこんなネタに・・・「余ったラインの意外な用途とは?」(笑)

ラインは、実は釣り以外にも様々な用途で使用されている。

もし余ってしまったものがあれば、下記のような用途を検討してみてはいかがだろうか?

 

  • アクセサリーやアート作品の素材として
  • 古新聞など、梱包用の糸として
  • 家庭菜園などの鳥よけとして

 

すぐに捨ててしまわずに、手作りがお好きなご家族ご友人にお渡ししてみると、意外な形で重宝されるかもしれない。

 

まとめ

ラインの基礎情報を中心にお伝えしてきたが、いかがだっただろうか。

素人にはどれも同じように見えてしまうラインだが、釣りの種類によって糸に求めらえる特徴が違い、その分沢山のラインが存在する。

これから釣り具を揃える予定の方、買い替えを検討している方がいれば、是非参考にして自分に合ったラインを手に入れてほしい。

適切な釣り具を選び、少しでも早く「魚が釣れる」釣りライフを楽しもう!

 

釣りについてもっと学びたい、北海道の釣り情報をいち早く知りたい!という方は、北海道の釣り情報誌ノースアングラーズがおすすめだ。

 

こちらのWEB盤は、釣り素人にもわかりやすく教科書があります!、糸の結び方や、釣り針の基本についてなど私たちに嬉しい情報がたくさんです!

 

ぜひ、みなさんも参考にみてください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA