眼鏡ブランドからこだわりたい方必見!日本の眼鏡ブランド辞典【か行】


人の顔は十人十色ですが、眼鏡もまた個性が豊かで数多のフレームデザインがあります。顔の印象を大きく変える眼鏡ですから、自分のお気に入りを探したいですよね。

当社エレメントは眼鏡屋さんともお付き合いがあります。このたびは、眼鏡をブランド選びからこだわりたい方のために、眼鏡ブランド辞典をつくってみました!

国内だけでもたくさんの眼鏡ブランドがあります。なかでも、我が道をゆく人と被らないデザインを生んでいるブランドを厳選しました。

前回の【ア行】に続き、【カ行】の紹介をしてきます!

デザインの個性だけではなく、そのブランドでしか叶わない機能やクオリティの高さも必見です。

ブランドのコンセプトや、それぞれのブランド眼鏡に込めた思いも併せてご覧ください!

 

1.Kazuo Kawasaki(カズオ カワサキ)は最小限のパーツで機能性に特化した眼鏡

引用:https://www.masunaga1905.com/kazuokawasaki/

「スマート&ハイテクノロジー」がコンセプト。使用するパーツを最小限にし、軽いだけではなく眼への負担軽減も叶えた機能性が特徴です。

伸びやかで美しい、軽やかな印象のデザインが豊富に揃っています。

 

【会社名】

増永眼鏡株式会社

 

【コンセプト】

スマート&ハイテクノロジー

 

ACT-Five

引用:https://www.masunaga1905.com/kazuokawasaki/product?id=9248

テンプルが特徴のこちらのデザイン。弾性の高いしなやかなチタンβ-Titanを採用。また、レンズを保持するリムは厚み0.7mmと繊細ながら奥行きは3mmの寸法にすることでフロント全体の厚みを抑える設定になっています。

 

【ホームページ】

Kazuo Kawasaki

 

【Instagram】

@Masunaga_since_1905_official

@kazuo_kawasaki_eyewear_

 

2.KameManNen(カメマンネン)流行に左右されない眼鏡ブランドの老舗!

引用:https://www.kamemannen.com/ja

「丈夫で末永く愛用できるメガネを作りたい」という想いから誕生した、日本最古と言われる眼鏡ブランドです。

高い技術が認められ、眼鏡界のアカデミー賞「シルモドール」にノミネートされたことも。流行にとらわれない美しいデザインで、長く愛されています。

 

【会社名】

カネマンネン株式会社

 

【コンセプト】

丈夫で美しく、末永く愛用できるメガネを。

 

MEI 115

引用:https://www.kamemannen.com/ja/item/115

プロダクトとしての美しさを極限まで追求するために、パーツ同士のクリアランスからメッキの厚さに至るまで、コンマ数ミリの差に徹底的にこだわって作られています。

 

【ホームページ】

KameManNen

 

【Instagram】

@kamemannen_official

 

3.COLORSCOLLECTION(カラーズコレクション)なら自分にぴったりな眼鏡が作れる!

引用:https://www.japanglasses.jp/frame/brand/colorscollection/

“眼鏡の街”福井県鯖江市で創業。眼鏡修理のノウハウを活かし、セミオーダーでひとりひとりに合わせたカスタマイズが可能です。

修理することで「もったいない文化」を継承し、SDGsにも取り組んでいます。自分好みのデザインを求めている方におすすめです。

 

【会社名】

kabuskiリペア

 

【コンセプト】

お客様の「あったらいいのに」を実現

 

classic

引用:https://www.japanglasses.jp/frame/brand/colorscollection/

フロント部分を200色のカラーから選べる豊富なバリエーション!顔幅とテンプルの長さの調整機能がついているのでぴったりフィットする、ひとりひとりに合ったメガネが作れます。

 

【ホームページ】

COLORS COLLECTION

 

【Instagram】

@colors_collect

 

4.Qulo(クロ)は様々な”黒”を楽しめる眼鏡が豊富!

引用:http://www.qulo.jp/

「墨」から着想を得たQuloは、黒の魅力を引き出したフレームデザインが特徴。漆黒だけでなく墨の濃淡を思わせるようなものもあり、独自の世界観を持っています。

日本最古の製墨会社や書道家とのコラボデザインもあり、デザインが豊富です。

 

【会社名】

MARI VISION INC.

 

【コンセプト】

究極の『黒』

 

SM-3

引用:http://www.qulo.jp/

墨象作家・宮村弦のアートワークとコラボして作り上げられた眼鏡。黒単色だけではなく、墨流色、墨流紋色、などで黒のデザインに富んでいます。

 

【ホームページ】

Qulo

 

【Instagram】

@marivision_qulo

 

5.CONCEPT Y(コンセプト ワイ)は近視の人に嬉しい眼鏡!

引用:http://www.concept-y.com/index.html

強い近視の友人のために作ったのが始まりというCONCEPT Y。フレームとレンズが分離されたデザインで、レンズは目の直前に配置され、頭部に回り込むような大きなフレームが特徴。

分厚いレンズでも、顔の輪郭が歪んで見えないのも嬉しいポイントです。

 

【会社名】

ワンオフ工房

 

【コンセプト】

目とレンズ

 

CONCEPT「Y」 Y01

引用:http://www.concept-y.com/contents/about.html

フレームとレンズが分離されたデザインにすることで、レンズに影響を与えずに優しく東部にフィットするのが特徴です。

 

【ホームページ】

CONCEPT「Y」

 

眼鏡ブランドからこだわってお気に入りの眼鏡を探してみよう

国内のメガネブランドが持つ、世界に誇れるような品質の高さには圧巻。細かい部分にもクオリティの高さが現れていて、どのブランドの眼鏡にも惚れ惚れしてしまいます。

眼鏡ブランドそれぞれの個性を見て、かけたい眼鏡のイメージも浮かんできたのではないでしょうか?

お店を回るだけじゃ出会えなかった眼鏡ブランドもあったことでしょう。

顔の印象を左右する眼鏡。お気に入りの眼鏡探しは、ブランド探しからスタートさせてみるのもいいかもしれません。

様々なデザインやコンセプトの眼鏡ブランドがありますね。

札幌市西区の千里堂メガネ琴似店では掛け心地の設計にこだわった999.9(フォーナインズ)デザイン性や素材を追求したTAYLOR WITH RESPECTなど多数の眼鏡ブランドをご用意しております。

ぜひ店舗に足を運んで実際にご自身に合った眼鏡を見つけてみてください!

 

【千里堂メガネ 琴似店】

〒063-0811

札幌市西区琴似1条2丁目5-6

・JR琴似駅より 徒歩5分

・地下鉄東西線琴似駅より 徒歩7分 

TEL:011-611-6952


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA