夫婦円満の秘訣は努力すること!素敵な夫婦でいるための10カ条をご紹介します


素敵な夫婦でいるための10カ条をご紹介します

既婚者の94%が「夫婦関係は仕事に影響する」と回答した調査結果(※1)があるほど、生活のベースとなる家庭の雰囲気をよくすることが大切です。
そこで、今回は素敵な夫婦でいるための10ケ条をご紹介します。

※1 出典:Logista(株) 産後夫婦ナビ

夫婦円満の秘訣10カ条

①言い方に気を付ける

夫や妻に何かお願いをするとき、「〇〇やって」みたいな口調でお願いしていませんか?その言い方に悪気がなくても、お願いされた方は命令されているように感じてしまい傷つくことがあるでしょう。

相手に何かを頼むときは、「〇〇してくれる?」と丁寧にお願いするとお互い誤解せずに生活することができます。

②日常的な会話を増やす

夫婦が一緒にいないときの話を多くすると良いです。仕事の話だと「どうせ話してもわからないから」と思っている方も多いかと思いますが、内容よりも話していることが大事だと思うようにしましょう。

自分のいないところで何をしているのかを聞けだけでも安心感につながります。

③家計簿を共有する

お金に対する不安はストレスになりがちで、家族でも相談しにくいものです。

妻か夫片方だけが家計簿を把握していては、家計が苦しくなったときに負担がかかってしまします。

できるだけお互いが協力して、お金の問題に向き合うようにすると良いでしょう。

④喧嘩になっても怒鳴らない

喧嘩をしている理由がどのようなことであっても、相手を怒鳴りつける必要はありません。

もし怒鳴ってしまったら、自ら謝るようにして「なぜ腹を立ててしまったのか」を伝えましょう。

自分の気持ちに素直になって、恥ずかしがらずに伝えることができれば無駄な喧嘩も減るでしょう。

⑤些細なことに口出ししない

一緒に暮らしていると、些細なことに口を出したくなります。相手がしてくれていることに口を出すのではなく、多少自分とやり方や考え方が違うことでも気にしないようにすると良いでしょう。

完璧主義にならず、お互いにリラックスできる関係であることを心がけると良いです。

⑥価値観を押し付けない

夫婦の間で、価値観が合わないことがあるのは当たり前です。「考えたらわかるでしょ」と自分の考えを押しつけてしまってはいけません。

夫婦であっても価値観は異なります。まずは、価値観が違うことを理解して話し合ってみることが重要です。

⑦感謝の気持ちを伝える

夫や妻が相手を思って何かをしてくれるのは、当たり前のことではありません。些細なことでも「ありがとう」と伝えることで相手は嬉しいものです。

仕事から帰ってきたときに「お疲れ様」や料理をしてくれたときに「美味しいよ」と声をかけてもらえたらまた頑張ろうと思えますよね。

⑧相手を知ろうとすること

長年一緒にいるとお互いに相手をわかっているように感じます。確かに性格や価値観などはある程度予測することはできるようになるかもしれません。ですが、相手が「今」どんな気持ちでいるのかまではわからないのです。

今日悲しいことがあったにもかかわらず、我慢しているのかもしれません。日常から相手の気持ちを知ろうとすることをやめないように心がけましょう。

⑨スキンシップを増やす

人は肌を触れ合わせることで、オキシトシンという“信頼のホルモン”が分泌されます。スキンシップが多い夫婦は、お互いへの信頼も強くなり夫婦の絆も深まるでしょう。

年齢とともにスキンシップが減ると言われていますが、恥ずかしがらずにスキンシップをとり愛情表現するようにしましょう。

⑩食事の時間を大事にする

食事の時間に幸せを感じるという方が多いと言われています。食事中はコミュニケーションも取りやすいため、忙しくて時間が合わない夫婦でもできるだけ一緒に食事をする方が良いと言われています。

丸忠商店では、忙しくて夫婦の時間が作れない方に時短で作れるミールキットを販売しております。

丸忠商店ミールキット

夫婦の絆は、努力してお互い関わり合っていくことでしか深まりません。その努力は、仕事や家事を一生懸命することだけではなく二人でいる時間にこそ必要なのです。

しかし、お互いに忙しくて二人の時間が作れない方もいるのではないでしょうか?

そんな時にオススメなのが丸忠商店のミールキットです。

丸忠商店のモットーは「食卓を笑顔にする」ことです。
嫌なことがあっても喧嘩をしても、美味しい食事で笑顔になれば、夫婦円満のきっかけになりますね。

丸忠商店のミールキットは、食材にこだわり自宅で簡単にシェフの味が楽しめます。

ぜひ夫婦で特別なディナーを堪能してください!

通販サイトはこちら

https://www.maruchu-smile.com/?pid=159446347


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA