【自宅で簡単に作れるフランス料理3選】フレンチの特徴・歴史を解説します


自宅で簡単に作れるフランス料理3選

フランス料理って家で作るには難しそうなイメージがありませんか?

でも実は、特徴さえ抑えれば意外と簡単に作れちゃうんです!

丸忠商店では、食材にこだわった本格フレンチのミールキット を販売しております。その一環でフランス料理について調査する機会がありました。

そこで今回、その調査結果をもとに自宅で簡単に作れるフランス料理と一緒に特徴や歴史をご紹介いたします。

最後には、僭越ながら丸忠商店が自信を持ってお届けするミールキット をご紹介させていただきます!

そもそもフレンチとは?特徴・歴史をご紹介

フランス料理の特徴

フランスは酪農大国なので、乳製品をよく使います。オリーブオイルを使うこともありますが、フレンチでオリーブオイルがメインになることはありません。

野菜のソテーにはバターを、ソースには生クリームなどを多用するのがフレンチの特徴と言えます。また、調理技法にこだわり、味付けに使う調味料の種類が豊富であることも特徴の一つと言えるでしょう。

フランス料理の歴史

フランス料理とはフランスで発祥したさまざまな食文化の総称のことです。

敷居の高いイメージがあるフランス料理ですが、14世紀にフランスで食べられていた料理は、明確な作法やマナーはなく、食材を焼いて大皿に乗せ、手づかみで食事を行うシンプルなものでした。

16世紀にイタリア料理の影響を大きく受け、食事の際にナイフとフォークを使用するといった作法やテーブルマナーもフランス料理で取り入れられるようになりました。

17~18世紀にかけては、宮廷内でのみ楽しまれていたフランス料理ですが、フランス革命により宮廷で王侯貴族につかえていた料理人が職を失い、街角でフレンチレストランを開くようになり、大衆の間にも広がりました。

19世紀には、ロシアのフランス料理人が、寒い気候のなかで料理が冷めないように1皿ずつテーブルに運ぶようになったことがきっかけで、コース料理のスタイルがフランスに伝わりました。

自宅で簡単フランス料理3選

1)ラタトゥイユ

ラタトゥイユ

夏野菜を炒めて煮るだけで簡単に作れるラタトゥイユ。フランス南部プロヴァンス地方、ニースの郷土料理です。

【参考レシピ】

彩り野菜たっぷり!ラタトゥイユのレシピ・作り方|レシピ大百科(レシピ・料理)|【味の素パーク】 : ズッキーニやホールトマト缶を使った料理

2)ビスク

ビスク

海老やカニなどの甲殻類を裏ごしして作られるクリームベースのスープ。余った殻を使うので安くて美味しいスープが作れます。

【参考レシピ】

濃厚エビのビスク 作り方・レシピ

3)キッシュ

キッシュ

キッシュは、フランス・アルザス=ロレーヌ地方に伝わる卵と生クリームを使った家庭料理でパイ生地やタルトの生地に、ベーコンや野菜・チーズ・クリームを加えた卵液(アパレイユ)を入れて作ります。

【参考レシピ】

フライパンで!キッシュ 作り方・レシピ

丸忠商店では、自宅でフレンチをもっと簡単に作れるミールキットを販売しています! 

ミールキット

Maruchu Smileが自信をもってお出しするミールキットは、「山口県下関角島産 甘鯛」のソテーに、甲殻類の殻からつくったソースにクリームを加え濃度をつけた伝統的なフランス料理のソース「ナンチュアソース」、もちもり食感が楽しめる生パスタに、ケーニーズのハイジパンと、ハードロールクッペ。

時短で、とっても簡単にフレンチが自宅で作れちゃう!気分はもう、5つ星レストランの一流シェフ!!

ぜひご賞味あれ!

自宅でシェフ気分 ミールキット 山口県角島産 甘鯛のソテー生パスタ2人前 パーニーズのパン4個セット |最も美味しい魚介類・食材の『旬』を届ける。 マルチュウスマイル


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA