北欧家具の特徴は? 旭川家具との関係性や北欧各国の代表家具メーカーを紹介!


北海道を代表する旭川家具ですが、

「北欧家具と似ている!」

ということを耳にしたことはありませんか?

しかし、実際どう似ているのかを説明しようと思ってもなかなか思いつかないですよね…

当社エレメントのクライアントには旭川家具メーカーの方がいますが、実際に北欧家具との関係性がわからないままではクライアントにマーケティングをする上で提案していくのは難しいと感じます。

そこで今回は北欧家具の特徴について、そして旭川家具との関係性を調査しました!

北欧各国の代表家具メーカーもご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください!

暮らしの質が上がる北欧家具

北欧と言えばヨーロッパのあたりだな~と漠然と思い浮かべますが、北欧家具に関しては、

・スウェーデン
・フィンランド
・ノルウェー
・デンマーク

の4カ国が北欧家具の地域として名を連ねています。

 

北欧の気候は冬が長く寒い上に日照時間が短いため、室内の過ごすことが多くなります。

このことから家の中で快適に過ごせ、且つ長く愛用出来る飽きないデザインと実用性を持ち合わせた家具を生み出すべく北欧家具が誕生しました。

そして北欧家具の最大の特徴は無垢材を使用している家具が多いことではないでしょうか? 冬の間外に出ることが少ない分、家の中で自然を感じられるように作り上げられています。

デザインにおいては、流行に左右されない明るくシンプルなものが多いので飽きず長く使える家具が多いのが特徴です。

無垢材を使用しているものが多いことから、リーズナブルな家具屋に比べるとお値段は高めですが、質の良い暮らしが望めるでしょう。

北欧家具は北海道の風土と関係!

北欧は、日本の、とくに北海道の気候に似ています。 それに伴って北海道を始めとする雪国の家屋にもよく合い、大変人気の高いものです。

それには前述したようにデザイン性、機能性が深く関わっていることがわかりました。

小物やファブリックは、パターン化されたカラフルなデザインが多く、シンプルな北欧家具との相性は抜群。日本の伝統文様に通ずるものがあり、和の空間にもよく馴染みますね。

各国の北欧家具の有名ブランド!

スウェーデンのIKEA(イケア)は北欧家具家具の中でもリーズナブルにオシャレを楽しめる!

「IKEA(イケア)」は日本でも有名な家具メーカーですね。世界的にも有名で日本全国では8店舗展開しております。

北欧ならではのデザイン性を持ちつつ、販売している家具を組み立て式にすることでコストを抑えリーズナブルな価格帯で販売しています。

低コストでオシャレなインテリアを楽しみたい方はオススメです。

フィンランドのartek(アルテック)はシンプルさと加工技術の高さで人気の北欧家具!

「artek(アルテック)」は、フィンランドの代表的な建築家でありインテリアデザイナーである、アルヴァ・アールトらによって、1935年に創設された家具ブランド。

現在は世界の様々なデザイナーによってデザインが行われています。材料にはフィンランド産の木材を使っており、木の暖かみとシンプルで洗練されたフォルムが世界中で愛されています。

また、独自に開発した木材の加工技術の斬新さ、正確さも高く評価されています。

アルヴァ・アールトによってデザインされたSTOOL 60(スツール60)はとても有名で、今でも大人気なアイテム。

おしゃれなカフェやお店で使われていることも多いです。

ノルウェーのLK Hjelle(エルコーヤラ)は信頼の大きい北欧家具の老舗ブランド!

「LK Hjelle(エルコーヤラ)」は、小さな村に建てた家具工場から始まり、創業以来70年以上、ハンドクラフトによって家具製造を続けてきたノルウェーを代表する老舗家具ブランドです。

その確かな技術によって数々のデザイン賞を受賞し、ノルウェー皇太子妃もご来臨されましたそう!

上記画像のシエスタは、木材を無駄にしないという「環境デザイン」の考えによってデザインされました。

余計な装飾をはぶき、木本来の美しさが堪能できる高度な曲げ機技術などのデザイン性の高さとともに、完璧な座り心地の良さも叶えた逸品です。

デンマークのFRITZ HANSEN(フリッツ・ハンセン)は一流デザイナーとのコラボ製品多数の北欧家具!

「FRITZ HANSEN(フリッツ・ハンセン)」は、1872年にデンマークで創業されたタイムレスなデザインを生み出すことを使命とする高級ブランドです。

アルネ・ヤコブセンら一流のデザイナーとコラボレーションし、セブンチェアやエッグチェアなど数多くの名作を生み出しています。

 

旭川家具のメーベルトーコーはデザイン性・機能性が充実した家具!

北欧家具の特徴にはじまり、旭川家具との関係性や北欧家具メーカーを紹介してきました。

では、実際に旭川家具の製品を見ていきましょう。

こちらは旭川家具のメーベルトーコーのIFDA ゴールドリーフ賞を受賞したhalf chair Op.1です。

チェロ奏者、バイオリニストなどクラシック音楽の奏者に適したチェアです。

もちろん、座る人の背筋を真っ直ぐに保ちながら背骨を支えるというハーフチェアのコンセプトから来ているので普段使いでも利用できます。

一種類の木材の使用で一見シンプルな形に見えます。 しかし背もたれや座面の、座り心地を意識したような微妙なカーブ、そして脚や背もたれの角度などこだわりがたくさん隠れています。

座面の下には小道具を収納するための引出が付いていたり、省スペースでスタッキングができるなど機能面も充実しているんです。

デザイン性や機能性が高いことが北欧家具と類似していると言われる点かもしれません。

旭川家具 メーベルトーコー

実際に見てみたい方は、ショールームで家具を見ることができます。座り心地などを体験できるのは嬉しいですね。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA