機械の重要な一部!日本の船の部品製造メーカー6選


普段無意識に船を一つのモノとして見ていますが、実はたくさんの部品でなりたっていますよね?しかし、実際どんな企業が部品を製造しているか知っていますか?

当社エレメントでは船の部品製造に携わっている企業とのお付き合いがありますが、私たちはまだまだ船の部品や周辺企業について知識が浅い状態です。

他の関連企業や周辺の情報を取得してクライアントにマーケティングや提案という形で貢献したいと考えています。

そこで、今回は日本の船の部品製造をしている企業を6つ調査しました!

それぞれの商品の紹介もしておりますのでぜひご覧ください!

1)イーグル工業は素材開発から製造まで一貫システムを構築!

引用:https://www.ekkeagle.com/jp/

1964年に日本シールオール株式会社として設立し、油潤滑用・水潤滑用船尾管シールや軸受をはじめ、自動車・建設機械業界向け事業や一般産業機械業界向け事業、半導体業界向け事業など幅広く様々な部品を製造しています。

日本、アメリカ、シンガポール、イギリスに拠点を設けることにより、世界の舶用シールのトップブランドとしての高い評価を受けている企業です。

【住油潤滑用船尾管シール】

引用:https://www.ekkeagle.com/jp/biz/marine/

イーグル工業のエアーシールは、船内の潤滑油と海水を完全に分離することを可能としています。この機構により、無公害シールとして世界中の多くの船舶に採用されているのです。

2)コンドーテックは5万点を超える商品の多さ!

引用:https://www.kondotec.co.jp/

ターンバックルやブレース、足場吊りチェーン、建設資材、機械装置など商品数の多さが特徴。建築や土木の現場での、従事する方の高齢化や女性の方の就業率の増加に対応した、資材の軽量化や対話を通じての顧客のニーズに合った物の提案力があります。

【ストックレスアンカー】

引用:https://www.kondotec.co.jp/products/ships/08201A.html

【船用荷役鋼製滑車】

引用:https://www.kondotec.co.jp/products/ships/08F34011A220.html

3)日鍛バルブは地球環境と調和したものづくりに尽力

引用:https://www.niv.co.jp/

1924年に鉄工所を設立し、西ドイツから電気アップセッターを買い入れ日本初のエンジンバルブの量産化を開始しました。部品製造のみならず、新規事業としてLED光による完全無農薬野菜の生産、販売にも取り組んでいます。

製品評価・解析、性能・信頼性試験用設備は本社技術センターに集約しているため、顧客との共同検証にもスムーズに対応できる環境を整え、高品質かつ低コストな製品開発をサポートしています。

【陸舶用エンジンバルブ・弁座】

引用:https://www.niv.co.jp/products/shipvalve.html

4)リケンは自動車部品技術を活かした船舶機器の製造!

引用:https://www.riken.co.jp/

2017年、大型船舶エンジン向けピストンリングとして、新皮膜の “CPC-200″がコーティングされたピストンリングの認証を取得しました。これにより、世界中のWinterthur Gas & Diesel社のライセンシー(船舶用エンジン製造会社)に高性能な CPC-200皮膜のピストンリングを供給しています。

リケンの高機能部品は、自動車で培った”成熟技術”をベースに、多彩なフィールドで活躍し、高く評価されているのです。

【高機能溶射皮膜:RF-2360】

引用:https://www.riken.co.jp/products/vessel/

リケンは大型低速ディーゼル向けの高耐摩耗溶射皮膜として、RF-2312を生産。一方、最近では、船舶の低速運行による硫酸腐食の問題がクローズアップされており、従来皮膜以上に耐久性の高い新溶射皮膜=RF-2360を開発し、この度、MAN Diesel & Turbo より”認証”を取得しました。

5)スズキ部品製造は経験により低コストで高品質を提供!

引用:http://www.suzukipmc.co.jp/

自動車メーカーで有名のスズキですが、船外機エンジン用アルミピストンも生産しています。

アルミダイカスト鋳造・ピストン鋳造・歯車の鍛造、機械加工、組立の一貫した生産と経験と技術の蓄積により、低コスト、高品質の高付価値製品を顧客に提供しています。

【スズキ向け 船外機エンジン用アルミピストン】

引用:http://www.suzukipmc.co.jp/business/ensyuseikou/index.html

マシニングセンター、NC旋盤を中心とした自動汎用加工ラインで、高精度な加工を行っています。

6)菅製作所は技術力をベースにオーダーメイドにも対応!

引用:https://agus.co.jp/

1946年に創業の菅製作所。ものづくり日本大賞優秀賞を獲得した実績があります。船舶用機器のクラッチ、油圧クレーン、油圧漁労機以外に真空装置も製造しています。

【Vプーリ】

引用:https://agus.co.jp/?p=690

プーリは、回転力を伝達、変則を行なう車輪です。短納期の納入が可能なほか、要望に合わせてオーダーメイドの制作も可能な製品です。

まとめ

日本の船の製造部品企業を紹介してきました!日本の運搬と貿易は多くの部品製造会社でえなりたっていることがわかりますね~

船の製造についてもっと詳しく知りたい方は

船の燃料って何を使っているの?

船のエンジンってどんなもの?車と船のエンジンの違いを解説!

もあわせてご覧ください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA