医師がいい転職先をみつけるには?ポイントは理由を明確にすること!


医師がいい転職先をみつけるには?

多くの医師は、現在の病院勤務に何らかの不満を持っており、転職を希望する人が増えています。

しかし、闇雲に転職しても次の病院先でまた同じような理由に不満を感じたり、転職を繰り返すなど自分の生活にとってもストレスになりかねません。

世の中の医師はどんな理由で転職を考えるのでしょうか?

今回は、マーケティング会社のエレメントがご紹介していきます!

エレメントではクライアント様、そして記事をご覧いただくあなたに役立つような情報を日々リサーチし、発信しています!

この記事を通して「良い転職」ができればと思いますので、ぜひ参考にしてみてください!

医師が転職を考える6つの理由

医師が転職を考えるのには必ず理由が存在します。どのような理由があるのかご紹介しましょう。

① 今よりも収入を得たい

① 今よりも収入を得たい

これは医師に関わらずほとんどの職業で転職理由として多く言われています。

しかし、医師の収入は病院や地域によってピンキリです。他の病院医師の年収が高いことを知ると、それを望んで転職する医師も多くいるのです。

② 人間関係に悩んでいる、疲れた

② 人間関係に悩んでいる、疲れた

こちらも医師に限らず他の職業でも転職理由として大きいです。どの職場でも起こりうることですね。

上下関係や規律が厳しい病院にいると肩身も狭いですし、ストレスも溜まります。人間関係のストレスと感じずに伸び伸びと仕事に専念したく、転職に踏み切るきっかけになります。

③ 勤務時間や勤務地を自分で選びたい

③ 勤務時間や勤務地を自分で選びたい

医師の勤務時間は激務と言われています。大学病院や総合病院など規模が大きい病院だと夜通し勤務する「当直」がありますし、勤務時間外の稼働も多くあります。

収入は少なくなってしまいますが、それでもワークライフバランスを保つために勤務時間が減る小規模の病院を希望する医師は近年増加傾向にあります。

また、医局に属していると避けては通れない「転勤」がある医師。

「家族のストレスや子どもの教育のため」

「親の介護が必要なため」

などの理由で勤務地を安定させたい医師も一定数います。

④ 医局を辞めて開業など理想の医療を提供したい

④ 医局を辞めて開業など理想の医療を提供したい

医学部を卒業し、研修医を終えた後、ほとんどの医師は大学病院の医局に属し、地域医療に貢献していきます。それに並行して珍しい症例など治療を学びながらスキルを磨いていけるのが大学病院の魅力でもあります。

しかし、経験やスキルを積み上げていくと独自のスタイルで医療を提供していきたいと思う医師が転職を考えるのです。30〜40代の医師に多く、このタイミングで医局を退職し開業など自身の理想の医療を行います。

⑤ 特定のスキルをもっと磨きたい

⑤ 特定のスキルをもっと磨きたい

医師は病院で勉強していくにつれ、自分の興味のある分野やよりスキルアップしたい分野などが明確になってきます。

また、開業を見据えた医師も同様で、現在の病院では取得できない専門医をとりたいなどの理由で、それが叶う病院に転職するケースがあります。

⑥ ワークライフバランスを意識しつつ、スキルを活かしたい

⑥ ワークライフバランスを意識しつつ、スキルを活かしたい

40〜50代の医師に多い理由です。専門医を持って様々な症例を最前線で手がける年代でもありますが、その反面役職が着くと新人教育の担当や新人医師への宣伝活動を担当するなど医療以外のことにも時間を割かなければならないのが現状です。

ワークライフバランスを保ちながらも自分が極めたい分野の症例を担当してスキルを生かしていきたいと望む医師は増えています。

条件に合う転職先の見つけ方

条件に合う転職先の見つけ方

このように転職理由は医師の現状によって様々ですが、実際に今の自分に合った転職先はどのように見つけるのがベストなのでしょう?

収入や勤務地はもちろん、勤務形態やスキルの活かせる病院など自身のキャリアプランをクリアできる条件が「よい転職」と言えるかもしれません。では、実際に転職の利点を見ていきましょう。

① 高収入や高待遇が期待できる

大学病院勤務で役職が着くと、一般的に700万〜1300万円程と言われていますが、それに対して民間の病院だと500万〜600万円のスタートではあるものの平均年収は1200万円程度が期待できます。

更に高い専門性を持っていたり、地方での勤務になるとより高い収入や待遇が見込めます。

地方では医師不足が続いているのが現状なため、極端な売り手市場が続いています。転職情報に常にアンテナを張って高待遇の勤務先を見つけられれば理想的でしょう。

② 転勤のない職場によるQOLの向上

大学病院の医局に所属していると転勤や異動という形で関連病院を転々とすることがほとんどです。専門医取得などのスキル向上や留学システムなどの環境が整っているというメリットはありますが、病院規模の異動は家族の負担も大きいです。

1年未満で異動する科もありますので、その都度引っ越しをすると思うとストレスになりますね。

大学病院ではない市中病院では異動のない勤務条件の病院が多いですので、家族との時間を大切にしたい、ワークライフバランスの向上をしたいという医師も満足度の高い生活を送れるかもしれません。

③ 希望の勤務地で働ける

先述してきたように、勤務地は転職の大きな理由として取り上げられています。都市部の病院は大規模な病院で最先端医療に触れられ、学会などの情報も充実していることが魅力ですが、その反面、医師の供給過多で勤務医の平均年収は比較的安価なのが現状です。

そのため最先端医療などが充実しているにも関わらず転勤希望者も多く、副都市や地方勤務を希望する医師が増えています。

北海道などの地方では医師が不足しているので医師の需要が高いです。一つの病院あたりの医師の数も少ないので様々な治療にあたってジェネラリストとして活躍する医師も多くいます。

家族で地方に移って来れば、都会のような先進さはありませんが、子どもを伸び伸びと自然の中で育てられる環境も整っています。

④ ステップアップのために必要な経験を積める

ほとんどの医師は医局に属し、専門分野のスキルを磨いていきますが、その後は道はそれぞれです。

開業を見据えていたり、親戚の家業を継いだり、専門分野に特化した病院での勤務を希望するなど様々です。

その中でも開業を検討している場合は、総合診療の経験も必要になってきますので大学病院勤務の経験だけではなかなか現実的ではありません。

開業医の平均年齢は41歳です。10年ほどは医局に所属しているとして30代後半〜40代前半ぐらいにはステップアップのために転職して希望の病院で経験を積むことも必要かもしれません。

まとめ

今回は、医師の転職理由、条件の合う転職先の見つけ方についてご紹介してきました。

医師によって転職の理由は様々ですが、多くは年収アップや勤務地でのQOLの向上を期待していることがわかります。

都心部の病院は都心部ならではの医療が学べる魅力がありますが、地方では実践的に治療に取り組めるメリットもあります。それに加え、年収の向上やワークライフバランスが良くなる病院も多数あります。

地方での病院勤務も今一度視野に入れて見ると新たな発見があるかもしれません。

北海道赤平市にある社会医療法人博友会 平岸病院では、精神科医を随時募集しております。医局など組織のしがらみに囚われず、医師としての能力を尊重したチーム運営に尽力しています。

北海道の広大な大地のように伸び伸びとした環境で働いてみませんか?

博友会平岸病院の採用情報を見てみる


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA