【オシャレに物を飾る為に】ガラスキャビネットの選び方とおすすめ10選


【オシャレに物を飾る為に】ガラスキャビネットの選び方とおすすめ10選

ガラスキャビネット、良いですよね。お皿もオブジェもオシャレに展示できます。

しかし、ガラスキャビネットを選ぶ時は、あることに注意していないと思わぬストレスを抱えることになります。そこで今回は、ガラスキャビネット選びで失敗しない3つのポイントと、実際の製品をご紹介!

特に選び方の部分は知っておくだけでかなり役に立つ情報ですのでお見逃しなく!

あなたの生活に合うキャビネット探しのお手伝いをさせてください!

収納だけじゃない!?ガラスキャビネット選びで失敗しない3つのポイント

収納だけじゃない!?ガラスキャビネット選びで失敗しない3つのポイント

ガラスキャビネットを選ぶにあたって、失敗しないためのポイントを3つ紹介します。

①目的を決める

ガラスキャビネットは単に収納するだけでなく、ディスプレイとしても使用することができます。食器を入れるのか、本棚として使うのか、コレクションを飾るのか、使う目的を決めてから選ぶようにしましょう。

②掃除のしやすいものを選ぶ

ガラス棚がついているものは特に埃が目立ちやすいです。棚を取り外せるものや、開閉の手間が少ない物を選びましょう。

今回紹介しているガラスキャビネットは、ガラス棚の取り外しができる物を厳選しています。

③扉の開閉スペースを確認

ガラスキャビネット周辺に十分な広さが無いと、せっかくの木材部分やガラスを傷つけてしまうことに。置き場所のスペースだけでなく、扉の開閉がスムーズに行えるだけのスペースがあるかを確認しましょう。

おすすめのガラスキャビネット10選

選び方のポイントをおさえたところで、実際にどのようなガラスキャビネットがあるかを見ていきましょう。

(1)広々とした天板とナナメから魅せるディスプレイ「GRASCE TRIA サイドボード 148」

(1)広々とした天板とナナメから魅せるディスプレイ「GRASCE TRIA サイドボード 148」
MUKU工房「GRASCE TRIA サイドボード 148」

ガラスキャビネットの中では非常に珍しい”ナナメ”に見せることができる特徴を持っています。独特な6角形は、その形故に天板も広く、収納からディスプレイ、ちょっとした物置きなど幅広い活躍をします。

斜め面にはアカンサスの花をモチーフにした美しい彫刻も彫られており、ガラスキャビネットの一歩目にして正解を選びたい人にオススメしたいキャビネットです。

商品をみてみる

メーカーインテリアえぞ」。2005年創業の新進気鋭のメーカー。
特注家具の制作も受け付けている。
ジブリ映画である「思い出のマーニー」の部屋を再現した「思い出のマーニー×種田陽平展」ではライティングビュローやチェストが展示された。
サイズW1480×D420×H800mm
樹種ナラ

(2)親しみやすく、日常の中に溶け込む「POLKA サイドボード」

(2)親しみやすく、日常の中に溶け込む「POLKA サイドボード」
MUKU工房「POLKA サイドボード」

素材にはナラを使用し、「POLKA」シリーズ専用の「ポルカ」色で着色しています。本来のナラの色よりも親しみやすく、日常に溶け込みやすいのが特徴。

前面には大きく4つのガラス付き扉があり、引き戸も4つあることから収納力も抜群に良いガラスキャビネットです。

日常使いの中で、特に収納したい物が多い方にオススメ。

商品をみてみる

メーカーアーリータイムスα」。1952年創業の老舗メーカー。
ロゴマークには五線譜が描かれており、生活の中に「音楽」があるように家の中に「家具」があって欲しいという願いからとのこと。
家具の名前も音関連のものが多く、独自の雰囲気を出すことに成功している。
サイズW1800×D450×H1000mm
樹種ナラ

(3)店頭のディスプレイのように演出できる「GRASCE TRIA キュリオ」

(3)店頭のディスプレイのように演出できる「GRASCE TRIA キュリオ」
MUKU工房「GRASCE TRIA キュリオ」

重厚感のあるデザインは、まるで楽器店のウィンドウのような雰囲気を見せます。中にはガラス棚が用意されており、奥面は鏡面加工が施されているため、ディスプレイした物を360°どこからでも見ることができます。

特に見せる収納にこだわりたい人にオススメのガラスキャビネットです。

商品をみてみる

メーカーインテリアえぞ」。2005年創業の新進気鋭のメーカー。
特注家具の制作も受け付けている。
ジブリ映画である「思い出のマーニー」の部屋を再現した「思い出のマーニー×種田陽平展」ではライティングビュローやチェストが展示された。
サイズW840×D350×H1200mm
樹種ナラ

(4)すっきりとした見た目と、魅せへのこだわり「HOKKAI (北海) キュリオ90」

(4)すっきりとした見た目と、魅せへのこだわり「HOKKAI (北海) キュリオ90」
MUKU工房「HOKKAI (北海) キュリオ90」

広葉樹の女王と呼ばれるカバという無垢材を贅沢に使用したガラスキャビネットです。今回紹介する中でもガラス棚の面積が広く、より大きな物や数種類のオブジェをディスプレイすることができます。

また、引き出しなども無いシンプルな作りになっているので、見た目にもすっきりとした印象があります。

シックで大人な、落ち着きのあるインテリアを目指す方にオススメのガラスキャビネットです。

商品をみてみる

メーカークリエイトファニチャー」。2011年創業の比較的新しい家具メーカー。
フルオーダーメイド家具を製造しているメーカーで、お客様との対話を特に大切にしてくれる。
クラシックなスタイルからモダンなスタイルまで幅広い製品を作り続けている。
サイズW900×D397×H900mm
樹種カバ

(5)木材選びも展示も贅沢に「Brooks キュリオケース 83M」

(5)木材選びも展示も贅沢に「Brooks キュリオケース 83M」
MUKU工房「Brooks キュリオケース 83M」

キャビネットの木材部分は、外側にナラ、内側にタモという無垢材を使用した贅沢な仕上がりになっています。

ガラス棚部分は高さの調節が可能で、お気に入りのオブジェをディスプレイ可能。天板裏に設置されたLEDがキャビネット内に幻想的な空間を演出してくれます。

木材にこだわりたい、ディスプレイにもこだわりたい。そんなあなたにこそオススメのガラスキャビネットです。

商品をみてみる

メーカー加藤木工」。1997年創業の比較的新しい家具メーカー。
技能五輪家具部門全国大会で二度の受賞をするなど、老舗に引けを取らない経歴を持つ。
ナチュラルなクリア塗装からアンティーク調の塗装まで幅広い商品ラインナップが特徴のメーカー。
サイズW830×D360×H1500mm
樹種ナラ/タモ

(6)見せすぎない独自の収納「LINEA No.104,105 キャビネット」

(6)見せすぎない独自の収納「LINEA No.104,105 キャビネット」
MUKU工房「LINEA No.104,105 キャビネット」

すりガラスのように加工された前面は、見せすぎない収納をすることが可能。素材はナラ・ウォールナットの2種類があり、お部屋の雰囲気に合わせて選択できる点も嬉しいポイント。

また、立った時にちょうど物を置きやすい位置に天板が来るため、リビングなど日常の中でも活躍してくれます。

シンプルなガラスキャビネットを探しており、あまり見え過ぎる収納をしたくない方にもオススメのキャビネットです。

商品をみてみる

メーカー山室家具製作所」。
1944年創業の老舗メーカー「山室木工」の伝統技術を引き継ぎ、2018年にリニューアル。
北海道産の無垢材ミズナラにこだわり続けてきた。奇抜さや目新しさよりも、普遍的に愛されるデザインを目指している。
サイズW1200×D400×H877mm
樹種ナラ/ウォールナット

(7)角に置く、だから映える「Brooks コーナーキュリオケースM」

(7)角に置く、だから映える「Brooks コーナーキュリオケースM」
MUKU工房「Brooks コーナーキュリオケースM」

直角を持つ天板は、部屋の角に置く際に最適なデザインとなります。とことんまでデッドスペースを無くし、正面だけでなく斜めからもディスプレイしたアイテムを覗くことができることが特徴。

既にあるインテリアを邪魔しないデザインになっているため、他の家具を買い換えることなく自然とお部屋に馴染ませることができます。

愛着ある家具が多いけれど、ディスプレイも欲しい。そんな方にオススメしたいガラスキャビネットです。

商品をみてみる

メーカー加藤木工」。1997年創業の比較的新しい家具メーカー。
技能五輪家具部門全国大会で二度の受賞をするなど、老舗に引けを取らない経歴を持つ。
ナチュラルなクリア塗装からアンティーク調の塗装まで幅広い商品ラインナップが特徴のメーカー。
サイズW816×D582×H1500mm
樹種ナラ/タモ

(8)シンプル故に一生使える「ESPOIR No.58 キャビネット」

(8)シンプル故に一生使える「ESPOIR No.58 キャビネット」
MUKU工房「ESPOIR No.58 キャビネット」

両開きの扉と引き出しは、見た目以上の収納力があり、取っ手の部分には「エスポアール」シリーズの象徴である”かざぐるま”が刻まれています。

引き出しには強度が強くガタつかない「蟻組(ありぐみ)」という伝統の技法が用いられており、一生かけて使うことができるガラスキャビネットになります。

一生モノのキャビネットを探している方にオススメしたい製品です。

商品をみてみる

メーカー山室家具製作所」。
1944年創業の老舗メーカー「山室木工」の伝統技術を引き継ぎ、2018年にリニューアル。
北海道産の無垢材ミズナラにこだわり続けてきた。奇抜さや目新しさよりも、普遍的に愛されるデザインを目指している。
サイズW1200×D400×H900mm
樹種ナラ

(9)本も、オブジェも、思い出も展示ができる「民芸家具 北の匠(S) No.2001 No.2003 書棚」

(9)本も、オブジェも、思い出も展示ができる「民芸家具 北の匠(S) No.2001 No.2003 書棚」
MUKU工房「民芸家具 北の匠(S) No.2001 No.2003 書棚」

非常に背の高いガラスキャビネットであり、可動棚は文庫本から雑誌、思い出の小物までどんなものでも収納可能。品の良いシックな外観が、ディスプレイされた物をより上品に見せてくれることでしょう。

写真は1m90cmの高さの物ですが、1m50cmのラインナップもあるのでお部屋の環境に合わせてお選びいただけます。

読書好きの方はもちろん、旅の思い出や飾りたいオブジェの多い方にオススメしたいガラスキャビネットです。

商品をみてみる

メーカー山室家具製作所」。
1944年創業の老舗メーカー「山室木工」の伝統技術を引き継ぎ、2018年にリニューアル。
北海道産の無垢材ミズナラにこだわり続けてきた。奇抜さや目新しさよりも、普遍的に愛されるデザインを目指している。
サイズW880×D350×H1900mm
樹種カバ

(10)世代を越えて使える安心のキャビネット「GRASCE TRIA シェルフ 150」

(10)世代を越えて使える安心のキャビネット「GRASCE TRIA シェルフ 150」
MUKU工房「GRASCE TRIA シェルフ 150」

今回紹介するガラスキャビネットの中では、最も大きい部類のキャビネットになります。5段の可動棚が4つと、引き出しが6つついており見せる収納も隠す収納もこれ一つあれば困りません。

どっしりとした安定感の中に、真鍮製の引き戸やガラスの内側に施されたY字のカーブが堅苦しさを和らげます。

ご自身だけでなく、お子さんにも引き継ぎたい、数十年単位で長く使っていきたい方にこそオススメしたい製品です。

商品をみてみる

メーカー山室家具製作所」。
1944年創業の老舗メーカー「山室木工」の伝統技術を引き継ぎ、2018年にリニューアル。
北海道産の無垢材ミズナラにこだわり続けてきた。奇抜さや目新しさよりも、普遍的に愛されるデザインを目指している。
サイズW1500×D430×H1850mm
樹種ナラ

まとめ

今回はガラスキャビネットの選び方と、実際におすすめの製品を紹介しました。最後に選び方を振り返りましょう。

  • 目的を決める
  • 掃除のしやすいものを選ぶ
  • 扉の開閉スペースを確認

今回キャビネットを選ぶにあたって、「メーベルトーコー」さんに多くの事を教えていただきました。この場を借りてお礼申し上げます。

多くのキャビネットに触れて、やはりオーダーメイド、セミオーダーメイドの家具が大切だと思いました。今回紹介した中ですと、全体のサイズバランスが良く、側面からもオブジェを楽しめる「GRASCE TRIA キュリオ」はかなりオシャレに展示できるなと感じました。

今回はリビングに置ける中くらいの大きさのキャビネットに絞ってお伝えしましたが、その他のキャビネットについても紹介予定です、お楽しみに!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA