最近の鬱病の治療についてのニュースをまとめ&要約!2019年の最新ニュースから見る、うつ病の治療のお話


2019年最新 鬱治療に関しての気になった 9つのニュース一覧

 

1、磁気治療に保険適用

2、患者同士で支え合うコミュニティが長崎にある。

3、漢方で総合的に鬱治療をする病院がある

4、5月病6月病は自己重要感とストレス解消

5、アリピプラゾールを増量すると良い

6、全国にリハビリステーション、リワークプログラム認定病院が広がる

7、メマンチン補助療法は統合失調症に有効

8、抗鬱剤の至適投与量の研究

9、患者の3パターンの治療や費用について解説

 

  • 治療 鬱病の治療に関しての最新ニュースをピックアップして、早読みできるようにポイントを要約したまとめです。

 

~お仕事調査隊 鬱病の治療について時代を読む~

 

うつ病の最新治療のニュースを読みたい人で、

 

時間がない人

 

無駄にだらだら要点以外を見たくない人

 

読みずらいサイトだったときゲンナリしたくない人は、以下のニュースまとめ&要約をご覧ください。

 

1、うつ病への磁気刺激治療に初の保険適用

読売新聞-2019/06/18

このニュースのポイント要約:

難治性のうつ病に対し、頭部に磁気刺激を与えて症状の改善を図る治療装置が2019年6月初めて保険適用、保険適用は、計30回が限度で、保険点数は1回1万2000円(自己負担3割だと3600円)

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190619-OYTET50000/

 

 

 

2、「夜間集会」でうつ病や依存症の患者同士が支え合う―長崎市の西脇病院 …

m3.com-2019/07/15

このニュースのポイント要約:

西脇病院では、心の病を持った人たち同士で、夜間に自身の体験を話し合うミーティングを開いていて、成果をあげている。現在20以上のグループが活動している。

https://www.m3.com/open/iryoIshin/article/681224/

 

 

 

3、現役漢方医が指南する「うつ消し」。情緒不安定やストレスにアプローチ

MYLOHAS-2019/06/30

このニュースのポイント要約:

抑うつ状態にあった人が、芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)エキスと四逆散(しぎゃくさん)エキスを服用すると効果が高いなど、医学博士であり、もりしたクリニック院長を務めている森下克也先生の著書『うつ消し漢方』の話と合わせて、鬱の漢方対処方法を紹介

https://www.mylohas.net/2019/06/193356book_kanpo.html

 

 

 

4、5月病・6月病って鬱とは違うの? なりやすい人の傾向と実践的な対策

マイナビニュース-2019/06/25

このニュースのポイント要約:

自己重要感を高める職場作りと、ストレス解消方法を実践することが、5月病6月病の対処に良いと、統合医療クリニック「ハタイクリニック」院長・西脇俊二氏が5月病、6月病になりやすいタイプを紹介と、後編には対処方法と合わせて解説

【前編】https://news.mynavi.jp/article/20190625-846435/

【後編】https://news.mynavi.jp/article/20190625-846959/

 

 

 

5、うつ病に対するアリピプラゾール増強療法と血漿ホモバニリン酸レベル

CareNet.com-2019/06/18

このニュースのポイント要約:

うつ病患者に対しアリピプラゾールを早期に増量することが有効だとデータが示した。

https://www.carenet.com/news/general/carenet/48169

 

 

 

6、一般社団法人日本うつ病リワーク協会が、リワーク施設の認定制度を2019 …

PR TIMES (プレスリリース)-2019/07/01

このニュースのポイント要約:

うつ病や不安障害を理由として休職した患者の職場復帰と再休職予防を目的としたリハビリテーションとしてリワークプログラムをしっかりと認定した精神科医療機関で実施するというプレスリリース。以下の6つの病院が認定を受けた。

  1. メディカルケア虎ノ門(東京都港区虎ノ門)
  2. 医療法人社団新光会 不知火病院(福岡県大牟田市手鎌)
  3. 栄仁会京都駅前メンタルクリニック(京都府京都市下京区)
  4. NTT東日本関東病院(東京都品川区東五反田)
  5. さっぽろ駅前クリニック(北海道札幌市中央区)
  6. 品川駅前メンタルクリニック(東京都港区港南)

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000046384.html

 

 

 

7、精神疾患に対するメマンチン補助療法~メタ解析

CareNet.com-2019/06/27

このニュースのポイント要約:

メマンチン補助療法は、統合失調症の認知機能改善に関して対照群よりも優れていたとの研究結果が発表された。

https://www.carenet.com/news/general/carenet/48210

 

 

 

8、抗うつ剤投与量、「承認範囲内の低め」で効果と副作用のバランスが最適と …

京都大学-2019/06/23

このニュースのポイント要約:

京大研究者が、抗うつ剤にはどれくらいの量が至適投与量なのか、そもそも抗うつ剤には用量反応関係があるのか、今まで明らかにされていなかったので、研究して、承認範囲よりも低めが最適と研究結果を発表した。

http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2019/190607_1.html

 

 

 

9、「うつ」の診断・治療を正しく行う方法、3つの原因別に考える

ダイヤモンド・オンライン-2019/06/25

このニュースのポイント要約:

昭和大学病院 精神科の徳増卓宏先生が Aさん Bさん Cさんの3つのパターンにわけて、うつ病の原因と治療法を解説しています。薬物療法、心理療法、電気療法や簡単な金額について解説しています。

https://diamond.jp/articles/-/206036

 

お仕事調査隊、精神医療の世界の入り口、うつ病の原因について書かれているニュースまとめでした。

精神医療の治療方針はほんとうに先生によって変わります。

また、海外の事例を取り入れたりする先生もいれば、学会、病院の基本指針にのみ従う方針の先生など千差万別です。

 

こちらをみた方々が良い治療、良い先生に出会うことを願うばかりです。

 

1番気になったのはやはり、磁気治療ですね

薬を飲んだとしても、急性期の症状を抑えることが出来ても、快方に向かうとはならないことが多ですよね

この磁気治療は、薬で改善が見られない難治性の患者さん向けにとの事なので快方への可能性が高いのではないでしょうか?

 

2009年ころ私の家族が治療を始めたころには、磁気治療なんて聞いたこともなかったです。

あの、まったく希望も光も見えない時に、こういった情報を知りたかったです。ただただ、孤独な精神医療を探す旅

ただただ回復を願うあのような時間を、皆さんには過ごしてほしくないと心より願っています。

私の家族が長い治療、療養の末に回復した道のりを今後少しでもお役立てるよう、情報をシェアしていきたいと思っています。

 

 

弊社エレメントでは、WEBマーケティングなどのサイト管理顧客のサービスや商品を徹底的に調査します。

お客様の社員になったつもりで業界や商品について勉強します。

その過程では、沢山の、ためになる情報がザクザク出てきます。

記事にしないなんてなんてもったいない!ということでお仕事調査隊でご紹介させていただきます。

今回は博友会 平岸病院のメンタルヘルスを学んで得た情報を記事にしています。

その中でうつ病のことでもっとも知りたいお話し。うつ病の治療についてのニュースをまとめました!

つ病・メンタルヘルスの治療について専門的なことは博友会病院サイトをご覧ください。

WEB業界はメンタルヘルスに問題を抱えている方々が多い業界と言われています。今回のお仕事調査隊は多くの皆様のお役にたてるのではないかと考えています!今後も継続して書いていくのでぜひご覧ください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA