もっとも実践しやすいマネジメントの教科書紹介!【要約】実践するドラッカー[行動編] 佐藤等[編著] 上田惇生[監修]


マネジメントって、なにをするのか?

なにをすればいいの・・・?

行動がわからない・・・

業務上、どんなポイントやフレームがあるのか?

だれもそんなことを教えてくれる人はいなかったという方が多いと思いますので、ドラッカー学会理事であり、事務所の代表である 佐藤等の著書「実践するドラッカー 行動編」のご紹介をします。

本書での実行する、行動ポイントは5つ

【時間管理】
【意思決定】
【目標を管理する】
【計画を立てる】
【生涯学ぶ】

という、5つのチャプターでマネジメントの行動を起こすポイントを解説してくれるので、とてもシンプルでわかりやすいです!

要約すると5つのポイント ・&・・・未熟な私の(このブログ書いたWEB担当今井)気を付けたいこと・・・

①【時間管理】・・・自分の使っている時間をしっかり記録して、定期点検しよう!

②【意思決定】・・・共通の理解、対立する意見、競合する選択肢をめぐる検討という、3つのステップをふむことを身に着けよう!

③【目標を管理する】・・・目標が成長を促すこと、さらに、目標間のバランスの取り方や1位2位を狙うことなど重要な目標管理の方法がある。

④【計画を立てる】・・・行動を具体的に決める、修正していく、期限を決める、時間配分に気を付ける、このような抜けがちなポイントをしっかり抑える。実行できそうでできない習慣やタスクが見えます。

⑤【生涯学ぶ】・・・集中して学ぶ、どう学ぶことが良いのか、そして、なぜ学ぶのかをわかりやすく解説

という、5つのチャプターでマネジメントの行動を起こすポイントを解説してくれるので、とてもシンプルでわかりやすいです!

最後に、本書のチャプターをご覧ください。本書の構成や流れが見えると思います!

 

【要約】実践するドラッカー[行動編] 佐藤等[編著] 上田惇生[監修]

Chapter1:時間が成果を決める

  • 時間は常に奪われる・p4
  • 使える時間を創造する・p6
  • まず、成果を意識する・p8
  • 記憶はあてにならない・p10
  • コラム 時間の使い方を記録する・p12
  • 時間の分析と仕事の分類・p14
  • シート 仕事の分類チェック表・p17
  • 記録は現実をあぶり出す・p18
  • コラム 時間管理は成果につながる・p20
  • 非生産的な活動を排除する・p24
  • 仕事を人に任せる・p26
  • 時間の塊をつくる・p28
  • コラム 時間の塊を手帳に記録する・p30
  • 人の時間を奪っていないか・p34
  • まとめた時間を守る・p36
  • 定期点検を行う・p38

実践シート①・p41
実践シート②・p43

 

Chapter2:意思決定が未来をつくる

  • 決定なくして明日はない・p48
  • 重要な決定に集中する・p52
  • 事実ではなく、意見から始める・p54
  • 三つのステップ・p56
  • 一般的な問題、例外的な問題・p58
  • 問題の根本を問う・p60
  • 目的を明らかにする・p62
  • 関係者を巻き込む・p64
  • 複数の選択肢を得る・p66
  • コラム ポストモダンの七つの作法・p68
  • 最善の解決策を選ぶ・p72
  • フィードバックを行う・p74
  • 決める勇気・p78

実践シート③・p81
実践シート④・p83

 

Chapter3:目標が成長を促す

  • 目標は自ら管理する・p88
  • 認められたいという欲求・p90
  • 人は目標達成を好む・p92
  • 到達点は、最初の設定次第・p94
  • コラム あきらめなければ実現する・p96
  • 目標の決め方・p98
  • 「唯一正しい目標」はない・p100
  • コラム 目標間のバランスをとる・p102
  • 測定基準を決める・p104
  • コラム 一位か二位、さもなくば撤退・p106
  • 組織から見た情報を得る・p108

実践シート⑤・p113
実践シート⑥・p115
実践シート⑦・p117

 

Chapter4:計画が実現性を高める

  • 計画が行動を呼ぶ・p122
  • 行動を具体的に決める・p124
  • コラム ミス・エルザのワークショップ・p126
  • 計画には修正がつきもの・p128
  • 必ず期限を決める・p130
  • 時間配分に気をつける・p132
  • 機会をつかむ準備をしておく・p134

実践シート⑧・p137
実践シート⑨・p139
実践シート⑩・p141

 

Chapter5:生涯を通して学ぶ

  • 未来の自分に投資する・p146
  • 集中して学ぶ・p148
  • 学びのプロセスをつくる・p150
  • コラム 人から学ぶ、本から学ぶ・p152
  • コンセプト化、一般化の効果・p154
  • 陳腐化リスクに備える・p156
  • 組織は絶好の学びの場・p158
  • コラム 三方がよくあるために・p160
  • 成功とはなにか・p162

 

  • 監修者あとがき・p180
  • 編集者あとがき・p182
  • 巻末付録「時間管理シート」」の使い方・p185
  • ワークライフ・バランス・p164
  • 真のプロフェッショナルを目指して・p166

実践シート⑪・p171
実践シート⑫・p173
実践シート13・p175
実践シート14・p177
実践シート15・p179

ドラッガー教授の功績・p188
参考文献・p190

巻末付録 時間管理シート

 

それぞれ全てのチャプターについている実践シートで、記入できるワークがあり、自分の考えていること、自分に必要なこと、強みや成すべきことと、

常に、実践するという基本軸で、ドラッカーの問いを通して具体的に行動することを知ることができます。

このフレームを身につけることで、それぞれの業種、職種、役職や役割で、社会にインパクトを残して組織で活躍できるリーダーが育つことを期待できます。

働く人すべてに必要なセルフマネジメントの行動するためのフレームワークを身につけられる一冊となっていますので、マネジメントを学びたい方は、入門編として、まず、はじめに読んでほしい一冊です。

ぜひ、一読ください。

 

 

関連リンク

佐藤等公認会計士事務所

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA