【おすすめビジネス本!】1兆ドルコーチ 要約 読書感想 仕事のマネジメントと愛の話


エレメント代表 今井の超おすすめ本の要約&読書感想シリーズ①

1兆ドルコーチ シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え

発売  2019/11/14

 

●エレメントのスタッフ、これからエレメントに入社したいと思っている人たちへのおすすめ度

9 / 10 ★★★★★★★★★☆

 

・特にマネージャー、リーダーに向けた書き方ではありますが、重要なことはチームでの成果について書いてあることと、そこで成果を上げるために必要な実際にできる行動やフレームワークが書いてある点です。

 

1人ではできない遥かに大きな成果を上げて社会に貢献することが、会社・チームの存在理由です。

 

役職や立場に関係なく、1人1人全員が、チームに貢献して、この本に書いてある姿勢や考え方が自然とできるようになるととても素敵なチームであると思うので、全てのメンバー、パートアルバイト、正社員、外注、入社前に関係なく、読んでおいてほしい一冊です。

 

まるで映画『フィールド・オブ・ドリームス』に出ていそうな雰囲気の古き良きアメリカおやじに学ぶマネジメントの物語

 

主人公のビル・キャンベルはもともと大学のアメフトコーチからビジネス界に転身した異色の経歴の持ち主

 

そのビル・キャンベルのマネジメントについて書かれた、【1兆ドルコーチ】の書評。それはまるで、今年のアカデミー賞 受賞作品のようなコメントで埋め尽くされていた。

 

株)エレメントCEO絶賛!

チームで成果をあげる方法と素晴らしいリーダー育成のメソッド、そして、愛の話が詰まっている(実質本書の要約!)ー今井・孔太

※偉大な企業の経営者にならんで書くのは恥ずかしいですが(笑)・誰でも恐れずに大切なことを伝える勇気をみんなにも共有したくて!(^^)!


アマゾンの販売ページはこちら!

 

●1兆ドルコーチ 本の基本情報

 

正式なタイトル

1兆ドルコーチ シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え (日本語) 単行本 – 2019/11/14 発売

 

著者

・エリック・シュミット (著),・ ジョナサン・ローゼンバーグ (著), ・アラン・イーグル (著),  ・櫻井 祐子  (翻訳)

 

出版社・解説

アメフトのコーチ出身でありながら、優秀なプロ経営者。ジョブズの師であると同時に、グーグル創業者たちをゼロから育て上げたコーチ。アマゾンのベゾスを救い、ツイッター、ユーチューブCEOらを鍛え、たった1人で、シリコンバレー中の企業に空前の成功をもたらした伝説のリーダー、ビル・キャンベル。これまで謎に包まれてきたその驚くべき教えのすべてがいま、初めて明らかに―。

 

●1兆ドルコーチの要約 ポイントチェック!!!

 

まずは、本書のチャプター 見出しを見てください!

 

■序文――シリコンバレー最大の伝説(アダム・グラント)

■CHAPTER1:ビルならどうするか?――シリコンバレーを築いた「コーチ」の教え

・スティーブ・ジョブズとの信頼関係

・グーグルCEOたちへのコーチング

・ビル・ゲイツへのハグ

■CHAPTER2:マネジャーは肩書きがつくる。リーダーは人がつくる――「人がすべて」という原則

・「第一原理」で人を導く

・プロダクトがすべてに優先する

・異端を受け入れよ

■CHAPTER3:「信頼」の非凡な影響力――「心理的安全性」が潜在能力を引き出す

・信頼は「きれいごと」ではない

・「完全な率直さ」を身につける

・「勇気」の伝道師になる

■CHAPTER4:チーム・ファースト――チームを最適化すれば問題は解決する

・「正しいプレーヤー」を見つけよ

・「最大の問題」に切り込む

・正しく勝利する

■CHAPTER5:パワー・オブ・ラブ――ビジネスに愛を持ち込め

・「やさしい組織」になる

・つねにコミュニティに取り組む

・創業者を愛せ

■CHAPTER6:ものさし――成功を測る尺度は何か?

・ビジネスを成功させるカギ

・リーダーは「行動」でその座を勝ち取る

・「人間的な価値」が成功につながる

 

●1兆ドルコーチは、大きく分けると4つのフレーム

 

フレーム① チャプター①・本書の定義つけ

■序文――シリコンバレー最大の伝説(アダム・グラント)

■CHAPTER1:ビルならどうするか?――シリコンバレーを築いた「コーチ」の教え

・スティーブ・ジョブズとの信頼関係

・グーグルCEOたちへのコーチング

・ビル・ゲイツへのハグ

 

以上の見出しで構成されていて、1兆ドルコーチの偉大さ、本質的な成果を紹介することで本書全体の定義、これから話す内容に方向付けをしています。

 

フレーム② チャプター②・マネジメントスキル・道具について解説

■CHAPTER2:マネジャーは肩書きがつくる。リーダーは人がつくる――「人がすべて」という原則

・「第一原理」で人を導く

・プロダクトがすべてに優先する

・異端を受け入れよ

 

要はマネージャーが使える道具について解説しています。ビル・キャンベルがよく使ったフレームワークの紹介など必見!

 

フレーム③ チャプター③④⑤・行動の解説

■CHAPTER3:「信頼」の非凡な影響力――「心理的安全性」が潜在能力を引き出す

・信頼は「きれいごと」ではない

・「完全な率直さ」を身につける

・「勇気」の伝道師になる

■CHAPTER4:チーム・ファースト――チームを最適化すれば問題は解決する

・「正しいプレーヤー」を見つけよ

・「最大の問題」に切り込む

・正しく勝利する

■CHAPTER5:パワー・オブ・ラブ――ビジネスに愛を持ち込め

・「やさしい組織」になる

・つねにコミュニティに取り組む

・創業者を愛せ

 

マネージャー・リーダーは道具を使い、どのように行動すべきかを解説したチャプターになっていて、特にドラッカーのマネジメントを学んだ人々にとっても、実際どう行動すべきか悩んでいる人はここを参考にしてほしい!

 

どんなにドラッカーのコトが詳しくても、ここが抜けて落ちていては成果が上がらないと思いました!

 

フレーム④ チャプター⑥・目指すべきもの・真の目的とは

 

■CHAPTER6:ものさし――成功を測る尺度は何か?

・ビジネスを成功させるカギ

・リーダーは「行動」でその座を勝ち取る

・「人間的な価値」が成功につながる

 

私たちは何なの為に働くのか?本当に大切なものは何か?ここにはエレメントの価値観と一致する珠玉の言葉があります。私たちのビジネスの目的・本当にかっこいいこととは何か、と、感じられるチャプターです。

 

究極の利他の目的を共有できる人がいたら、絶対に一緒に働くべきです!

 

まとめ:1兆ドルコーチから学んだこと

本書では、2つのことが詰まっていたと思いました。

 

1つは、素晴らしいリーダーに必要なマネジメントと、もう一つ見え隠れする想い、ビル・キャンベルへのオマージュ、愛についてです。

 

1つ目のマネジメントについては、

・チームを気にかけること

・コミュニケーションの重要性

・結果、成果にこだわる

・ミーティングについて

・人をもっとも大切にすること

・意思決定について

などなど、

 

ドラッカーのマネジメントを学んでいる人たちにとっては当たり前のようなことも書いてありますが、それをどんな姿勢でどう行動するのかが詳しく書かれていて、私はマネジメントを学んでいる人たちには特に読んでほしいと思いました。

 

2つ目は、リーダーになることは最高にかっこいいよ!と伝えたい!

リーダーとはこんなにも多くの人々に愛されて、かっこいい生き方ができるものなのか?と、私はマネジメントの話以上に、ビル・キャンベルに対しての愛の物語が心に響きました。

 

著者のシュミットもローゼンバーグもイーグルも、シリコンバレーの多くの人々が、みーんなビル・キャンベルのことが大好きなんだもん。

 

ビジネスを、リーダーシップを極めれば、こんなにかっこいい生き方ができるんだと思うと、多くの人々に起業家精神をもったリーダーを学んだほうが良いと伝えたいです!

 

そんなふうにビジネススキルと、素敵なハートが学べる本書は本当におすすめです!

 

働くすべての人に読んでもらいたいですね!

 

以上、今井孔太のレビュー紹介でした!

 

1兆ドルコーチを読んだ人におすすめのマネジメント専門サイト

 

コーチングやリーダーとしての基本、原理原則を学ぶには、マネジメントが必須ですが、それには、マネジメントとは何か?を学べるおすすめにDラボというWEBサイトをぜひ見ていただきたいと存じます!

 

会社の経営者や、ドラッカー学会理事の佐藤等先生などマネジメントの超実践者たちがブログを投稿しています!

 

自己管理・ブランディングなど、セルフマネジメントの事例や説明

 

会社運営に欠かせない話、マーケティングなど、会社・事業のマネジメントの事例や説明

 

個別の仕事の設計や、チーム、そして、オペレーショナル・エクセレンスを実現するための仕事のマネジメントの事例や説明などなど、

 

マネジメントの事例実践集や、マネジメント実践者のブログが多数!

 

こんなに価値の高い情報が無料で読めるサイトは他にはありません!まじでおすすめ!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA