東京23区に行ったら絶対食べたい卵かけご飯をリサーチしました!


東京23区に行ったら絶対食べたい卵かけご飯をリサーチしました!

こんにちは。週5で卵かけご飯のお世話になってるライターの山下です。一人暮らしを始めてもうすぐ一年半。最初は自炊頑張ろう!と思っていたのですが・・・。卵かけご飯の楽さと美味しさに甘え続けています。いろいろなアレンジを日々試しながら卵かけご飯ライフをエンジョイしている日々です。

卵かけご飯についてたくさん調べていたら、とびきり美味しそうな卵かけご飯を見つけてしまいました。今回は東京23区に行ったら絶対食べたい卵かけご飯を5つ紹介します。

現在東京23区にお住まいの方や、東京23区にご出張される方の参考になれば幸いです。

海の卵かけご飯 【十番右京】(港区)

海の卵かけご飯 【十番右京】(港区)
引用:十番右京

贅沢の極みとはこのことを言うのでしょうか。たっぷりと盛られたいくらとウニ。いくらとウニを脇役に見せてしまう黄身の存在感。それは、クラウンのように黄身にのせられたキャビアのせいかもしれません。一生に一度は食べてみたい卵かけご飯です。

住所東京都港区麻布十番2丁目8−8 麻布十番ミレニアムタワー B1F
営業時間月~木:17時~1時
金土:17時~3時
日:17時~23時
定休日:火曜日
電話03-6804-6646
予約情報電話、ネット
サイト十番右京 

たまごかけご飯【銀座】(中央区)

たまごかけご飯【銀座】(中央区)
引用:美味しさに悶絶!『銀座 しまだ』の淡雪チーズがかかった「卵かけごはん」

「イタリアチーズの王様」と呼ばれるパルミジャーノ・レッジャーノ。そんなパルミジャーノをふんだんに敷き詰め、とろとろの黄身をからめる。雪のようなふわふわなチーズに出会い、黄身もさぞかし嬉しいことでしょう。醤油を垂らせば、洋風から和風に一気に変わるのも面白いそうです。食べてみたい・・・。

住所東京都中央区銀座8-2-8 高坂ビル1階
営業時間16時~22時
定休日:火曜日
電話03-3572-8972
予約情報電話、店頭
サイト銀座しまだ【公式】

鴨ごはん【MENSHO】(文京区)

鴨ごはん【MENSHO】(文京区)
引用:究極TKG!わざわざ行く価値のある都内で絶品「卵かけごはん」6選!

アートだと思わせるような完璧な見た目は、箸を入れるのがためらわれるほど。側面の緑の粉は抹茶、ではなく海苔です。海苔肌に隠されているのは岩手鴨のチャーシューをたっぷり混ぜ込んだ「鴨ごはん」。崩した黄身が海苔の山肌に垂れていき、ジューシーな鴨ごはんと絡まる・・・。そんな様子を想像するだけで、僕の口からはよだれが垂れそうです。

住所東京都文京区音羽1-17-16中銀音羽マンシオン1F
営業時間11時〜21時
定休日:月曜日
電話03-6902-2878
予約情報電話、ネット
サイトMENSHO

すごい卵かけご飯【やきとり宮川 四ツ谷】(千代田区)

すごい卵かけご飯【やきとり宮川 四ツ谷】(千代田区)
引用:『名物「すごい卵かけ御飯」絶品です!』by miyat684 : やきとり宮川 四ツ谷

白身のメレンゲは炙られており、まるで餃子の皮のよう。黄身はタレに漬け込まれ、しっかりと味が染み込んでいるそうです。ふわふわの白身に黄身を少し絡ませて一口。すぐに溶けてしまうメレンゲ。後を追うように広がる、黄身とタレのまろやかな旨味。目を閉じながら味わいたいですね。

住所東京都千代田区六番町15-2 鳳翔ビル1F
営業時間【昼の部】月〜金11:30〜14:00
【夜の部】月〜土17:00〜23:00
定休日:日祝
電話050-3134-4833
予約情報電話、ネット
サイトやきとり宮川 四ツ谷店

〆の『tkg』【farm studio #203】(目黒区)

〆の『tkg』【farm studio #203】(目黒区)
引用:お店で食べるTKG! 卵かけごはんがおいしい東京のお店 │ ヒトサラマガジン

本格中華が気軽に楽しめるこちらのお店では、この卵かけご飯が〆として人気だそうです。ご飯の粒が上湯をほどよく吸い込んでいます。黄身を崩して味変を楽しみ、最後の一滴までごくりと飲み干してみたいですね。

住所東京都目黒区鷹番2-20-4 学大十字街ビル203
営業時間ランチ 12:00~14:30
【平日】ディナー 18:00~23:00
【土・日・祝前】ディナー 17:00~23:00 
電話03-6712-2368
予約情報予約専用番号:050-5384-5664
サイトFarm studio #203

まとめ

今回は、東京23区に行ったら食べてみたい卵かけご飯を紹介しました。東京23区にお住まいの方や出張される方は、是非ご参考ください。

札幌の近くで美味しい卵かけご飯はないのかと探したところ、見つけてしまいました。それは、かけはし北二条店の卵かけご飯です。こちらはコース料理を注文されたお客さんも〆として別注文するほどの人気があるそうで、私もいただきました

まとめ

店主が食べ方をレクチャーしてくれました。まず、白身とご飯と醤油を混ぜます。ここで一口。なんと、白身だけで卵かけご飯の味がしたのです!「いい餌で育った鶏の卵は、白身だけで美味しいんだ」と店主が仰っていました。かけはしの卵かけご飯には、国産の飼料で平飼いされた鶏の有精卵が使われています。

さらに、醤油の旨味がすごい。醤油をかけただけなのに、寄せ鍋の出汁のような旨味を感じました。その醤油の正体はしじみ醤油。割れて出荷できないしじみを有効活用。しじみエキスたっぷりの醤油に生まれ変わりました。

さあ、いよいよ黄身を割っていただきます。んん!これは!!濃厚な黄身がご飯に絡まると、それはもう卵かけご飯ではありませんでした。高級カニ雑炊の味でした。

卵と醤油だけで、高級カニ雑炊の味がするなんて。いつもは食べるのに2分もかからない卵かけご飯。しかし今回は10分かかりました。目を閉じ、口の中の神経をとぎすませ、卵かけご飯という小宇宙を旅していたからです。

そんなにおすすめでも、札幌まで行けないよ・・・。という方も多いでしょう。実はこちらの卵かけご飯、通販販売もしています。北海道の恵みがぎゅっと詰まった最高の卵かけご飯北海道産 TKG(卵かけご飯)セット。日本中の方に食べていただきたい卵かけご飯です!

私は東京に行く機会はほとんどありません笑。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA